心地よい眠り

| トラックバック(0)

心地よい眠りとは、深く眠ることができ、朝すっきり目覚めること。理想的な眠りです。今の時代は、日中はストレスの連続。夜になれば寝る寸前まで、パソコンやスマホの煌々たる光を浴び、脳が活性化してしまいリラックスすることができないため、心地よい眠りがとりづらくなっているかもしれません。だからといって、ストレスのない生活や、パソコンやスマホを全く使わない生活をするのは無理ですよね。そこで、現在のライフスタイルをできるだけ変えずに心地よい眠りを得る方法を考えてみましょう。心地よい眠りのための第一のポイントは、昼間の疲労度にあります。皆さんも、昼間くたくたになるまで働いたり動き回った夜は、強い眠気が襲ってくることは経験済みだろうと思います。これはストレスホルモンが睡眠物質へと変換されるため。人間の体の中には、日中の覚醒度が高いほど、夜眠くなる仕組みがあるのです。体を動かす機会が少ない場合には、できるだけ時間を見つけてウォーキングをしたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うなど、小さな疲労を積み重ねて、体内に睡眠物質を作りましょう。心地よい眠りには、夕食の内容も大切です。快適な睡眠を取るために、和食を中心にした献立にしましょう。納豆、小魚、味噌汁、豆類、野菜、果物、海藻類、すべて安眠に役立ちます。納豆には醤油と卵とネギを入れると、快適な睡眠の力になります。また夕食は早めに済ませ、寝るまでに胃腸の消化を終わらせておきましょう。食べすぎは、交感神経を優位にするので、心地よい眠りのタイ的です。寝酒や寝る直前のカフェインは、眠りを阻害します。寝入りに有効だと思われがちなアルコール。少量なら快適な睡眠に役立ちますが、ちょっとでも量が多くなると、一転して眠りの質を悪くします。最後に寝る前のリラックス。ぬるめのお風呂にゆったりと浸かって、照明を落とした部屋でリラックスする習慣をつけましょう。

上尾駅すぐのモッズヘア上尾店

リラックスできる音楽を聴いたり、いい香りのするアロマテラピーを活用するとさらに心地よい眠りに役立つでしょう。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年5月29日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「制度融資の方が良くないですか?」です。

次のブログ記事は「今年着たい水着2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31