2014年4月アーカイブ

慢性的にお薬を服用している方は、脱毛を始める前にまず、主治医のお医者様に脱毛をはじめて大丈夫かを確認をしてから始めるようにしておきましょう。
特に女性で、長期的にホルモン剤を投与されている場合は、毛とホルモンは毛の成長に関して密接に関係しているため、サロンで脱毛を続けていても、満足のいく効果が出てこない場合がありますので、注意が必要です。
せっかく高いお金と時間をかけても脱毛をしても効果が出ないのはとてももったいない事ですからね。
また、たいていの脱毛機は有害な紫外線をカットした状態でお肌に可視光線を照射して毛根を破壊していますが、可視光線によって薬の副作用で肌が過敏に反応してします可能性もあるので、十分に気を付けましょう。一時的に風邪などで薬を服用している方も、ただでさえ抵抗力が低下している時期ですし、抗生物質などの影響で、皮膚に異常が起きる場合もあるので、健康な状態の時に脱毛をするようにしましょう。



このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31